清田南小学校(清田区清田5条2丁目)前の歩道で1月31日(金)、今年も「まちの灯り―アイスキャンドルの小径」が行われました。

 清田団地商店街と清田中央地区町内会連合会、清田南小学校が一緒になって毎年行っている冬の地域行事で、今年で13回目となりました。

 今年は雪不足でしたが、アイスキャンドルとスノーキャンドルを230個用意して、同小学校前に並べました。このうち20個のスノーキャンドルは清田南小児童たちがこの日、校庭で制作したものだそうです。

 午後5時に同小学校玄関前で開会式を行い、さっそくキャンドルに点火していきました。歩道の両側にまっすぐ並べたアイスキャンドルの灯りが、あたたかく地域を照らしました。

 今年は歩道に積もっている雪が少なかったため、かえってキャンドルの灯りが良く見えて、車道を走る車からもとてもきれいに見えました。

 会場には、地域の人や子供たちが大勢集まり、「わあ、きれいだね」と、雪の上でともる灯りに見入っていました。

 清田南小学校玄関では、今年も無料のココアサービスがあり、子供たちが冷えた体を温めました。

「ひろまある清田」より転載